banner

復興方針図のスケジュールおよび集団移転先の造成について

2011-09-05

date Mon, Sep 5, 2011 at 12:29 PM
くまじろー@東京

皆さん、こんにちわ。

週末~今朝にかけての市・復興本部との質疑応答をまとめます。

【質問】
断面図(案)を提供していただけるとの事、感謝します。
Q1)野蒜地区の復興方針平面図(=詳細図面?)の提示は11/11になるのでしょうか?
12月には最終調整との予定からすると遅い気もします。
Q2)ワークショップでは模型を活用して方針説明をお願いできますか?

【回答】
A1.復興まちづく計画の策定と地区整備計画の完成時期は異なります。地区整備の
方は、国の予算措置が必要となるため、地区整備に関して地区毎の集会の機会は、
復興まちづくり計画完成後も継続する必要も生じます。
A2.基本そうのように考えております。

【質問】
8/28に提示された案だと集団移転用地として野蒜市街北側丘陵斜面を大規模に造成
する事になっていますが、
Q1)造成により土砂災害や斜面崩落のリスクが高まる可能性はありますか?
Q2)斜面の保護はどう考えていますか?
Q3)景観悪化に対する対策はどうなりますか?

【回答】
A1.A2.国の補助事業となるため、工法等については土砂災害等のリスクも踏まえたうえ
で検討されます。
A3.県立自然公園松島、文化財の規制があります。それ以外でも、観光資源として野蒜
・宮戸地区の景観は配慮する必要があります。

なかなか復興方針の平面図は提示していただけないようです。

コメント1件

  • ドラえもん爺 | 2011.10.20 12:56

    私は新東名の住民ですが運河北部の丘陵地への移転とJRの
    ルート変更について、JRは津波の心配のない小高場所への
    ルート変更と言ってますが新東名地区は津波が来たらあきらめなさいと言うことですか?新東名地域の安全対策は考えないのですか?市の説明では3重の防御なので・・・と説明していますがそれで安全ならJRがルート変更せずに現行ルートで線路をもっと高くして再開したらコストも少なくて工期も短くて済むのではないですか?又整地して移転を計画している場所は石殻山で地盤が緩いし数年前の北部連続地震では移転予定地の陰にある部落の住宅は新東名の住宅より被害が大きかったことはご存じでしょうか?地下に断層でもあるのかわかりませんが
    地震の通り道などと地域の人が言っているのを耳にしたことがあります。移転を計画する前に地質調査をしたらいかがですか?造成してからでは遅いですよ。JRのルートも再考して下さい。

コメントを書く







コメント内容


*

Copyright(c) 2011 SAVE東松島 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme