banner

避難路について

2011-09-05

date Wed, Aug 31, 2011 at 12:43 PM
くまじろー@東京

皆さん、おつかれさまです。

大きな余震があったり、津波警報・注意報が出ると、野蒜地区では
自主的に避難している状況と聞いております。特に大きな余震で、
津波警報がでると震災の教訓から生活に不可欠なアシであり、財産
であるクルマを避難させる方も多いようですね。

したがって、きちんとした避難方法や避難路の整備やルートの掲示、
また避難訓練の必要性があると考え、野蒜地区懇談会での質疑や
その前後にツィッターで、市・震災復興本部と質疑応答しています。

【質問】私→市・震災復興本部
Q1)もうすぐ防災の日ですが、今年はどのような避難訓練を考えて
   いるのでしょうか?
Q2)津波を想定し、避難場所や避難ルートを周知するような避難訓
   練が必要と思いますがいかがですか?
Q3)新東名地区には避難場所の掲示が全くありませんが整備はい
   つ頃になりますか?
ツィッターより,Aug 25, 11:41 PM webから

懇談会でもこれ沿った質問を行いましたが、総務部長さんからは検
討して返事をいただける、という回答でした。

今日ツィッターで震災復興本部から以下のような回答をいただきました。

A1.本市では東日本大震災に係る復旧作業に全力で取り組んでおり、
  平成23年度の防災の日に関する避難訓練は、計画しておりません。
A2.今後、国が作成する津波シミュレーションに基づく浸水エリアを参
   考とし、指定避難所、避難場所等を決定することといたします。
Aug 31, 9:48 AM webから

A2.避難路等を含む防災マップについては、指定する避難所が確定し
   しだい、各自主防災組織の協力をいただき、作成します。H24以降、
   市総合防災訓練(6.12)の中で各自主防災組織において実施してい
   ただきます。
A3.避難所、避難場所の見直し後、表示します。
Aug 31, 9:51 AM webから

このような回答ですので、少なくとも来年6/12の市総合防災訓練の直前
までは防災マップの配布や避難路の掲示、避難訓練の実施は期待でき
ないと思われます。

したがって、これまでと同様に大きな余震や津波警報、高潮警報の際に
は住民およびボランティア等で被災地にいる皆様は、自主的に冷静な判
断に基づいて避難していただけますようお願いいたします。

なお、新東名地区ではアウトドア義援隊さんが作成された避難路マップ
が配布されている家もあると思いますので参考にしてください。
浸水した他地区におかれましても自治会やボランティアさんと協力し、
避難路の確認や避難路マップの作成をおすすめします。

未曾有の今次震災以来半年近くたちますが、まだだ行政側は処理能力を
超えた業務に手一杯と思われるので、自主的にできる事から始めましょう。

コメント2件

コメントを書く







コメント内容


*

Copyright(c) 2011 SAVE東松島 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme