banner

旧鳴瀬地区の自宅避難者への市長からの会見

2011-07-07

篠澤さんのメールの内容によると、旧鳴瀬地区の自宅避難者に対する移転についての会見が行われるそうです。

とき:7月8日
時間:午後一時半〜二時半
場所:東松島市役所三階301号
対象:野蒜・東名・大塚の自宅避難者

自宅避難者の署名を市長に提出

篠澤@ナザレン国際援助委員会 2011年7月7日木曜日 16:41:37

日本ナザレン教団国際援助委員会です。今自宅避難者の方のお宅を訪問したところ、明日午後一時半〜二時半 東松島市役所三階301号にて野蒜・東名・大塚の自宅避難者に対する移転についての見解を市長から聞くときが持たれます。
どうぞ多くの方がいってくだされればと思います。
マスコミも来るそうです。かなり今後に対して重要なときとなると思われます。

篠澤俊一郎

くまじろー@東京

みなさま、おはようございます。

篠澤さま、貴重な情報をありがとうございました。
実家の父に伝えた結果、父が出席する事ができました。

父から来たメールから昨日の内容をまとめると、

○市長の話
・東名運河の北側は住んでよい
・仙石線の路線や駅の位置変更は協議中
(父の印象では国の第三次補正予算が決まらないと、
 何も決まらないという感じとの事)

○自宅避難者からの要望
・今の家があるところに住みたい
・仙石線の路線と駅の位置はそのままにして欲しい
・その上で、早急に復旧して欲しい

自宅避難者のみなさんはこれからも会を開き、運動
を続けていくとの事でした。

父は東名運河北側は住んでよいとの話にほっとした
ようでした。

コメント1件

  • くまじろー@東京 | 2011.07.08 0:24

    篠澤さまからのメールを見てさっそく実家の両親に
    連絡しましたが、案の定知らされていませんでした。

    とりあえず両親には出席するように勧めましたが、
    このような大事な事を自宅避難者に周知しないで開
    催しようとする市の姿勢には強い違和感を覚えます。

    今の市側の復興案は具体性にかけており、多くの疑
    問点があります。まず全体の一括移転ありきの様な
    計画を白紙に戻して、多様な意見を取り入れた議論
    を行って欲しいです。

コメントを書く







コメント内容


*

Copyright(c) 2011 SAVE東松島 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme