banner

MLログ:被災された方における、買い物弱者について

カテゴリ:メーリングリスト情報 / 投稿者:nacika
2011-07-03

 

2011年7月2日9:38

尾形徹弥 <save_higashimatsushima.15@ra9.jp>

こんにちは、話の流れとは関係無いのですが、

気になることがありましたのでメールしました。

第一に被災された方はどのように日用品を買っているのかについて。響団地等は近くに商店街等は無く、高齢者はどのように買い物をしているのか。

第二に被災地周辺の店の取り組みはどうなのか、例えば、イオンやイトーヨーカドー等が、シャトルバスを毎週何曜日と決めて運行しているのか。現状行っておらずとも今後、そのような事も視野にいれているのか。
これは避難所の方や地域高齢者の方にそのようなサービスがあれば利用するか、否かリサーチが必要ですが。
私は現在品井沼の避難所に居ますが、そのような取り組みが聞こえてこないので実施する予定が無いのかわかりませんが。

どなたかご存じの方いますか?
尾形徹弥

 

みか <save_higashimatsushima.55@ra9.jp>

おはよう~!
仮設団地には基本的に市の無料バスが運行してます。

本数が少なくて不便っていってたなぁ。
あとはお金出して市で運行している乗り合いタクシー使ってるって!

尾形徹弥 <save_higashimatsushima.15@ra9.jp>

そうでしたか。情報助かりました。

みかさん
区長からは連絡無いですよ。最近いい加減な気もします。

引っ越しは7月チュウジュンかもしれません。

そこら辺の連絡は無いので何とも言えません。ただ、市の職員(一部の方)が私達の立場になって考えているのか疑問です。

nemototakako@出身は赤井 <save_higashimatsushima.4@ra9.jp>

尾形様、皆様

被災地周辺の店の取り組みについて。
インターネット上の情報ですが、蛇田のイオン・

ヨークベニマル共に渡波や湊方面にお買い物バスを走らせているようです。しかし鳴瀬方面はないようですね・・・
イオンバス(1日5便) http://www.aeon.jp/sc/ishinomaki/access.html
ヨークベニマルバス情報(1日3便) http://bit.ly/lkewEB (PDFファイル) 

東松島市の取り組みについては、石巻日日新聞5月25日付けの記事に次のようなものがありました。どなたか続報をご存知でしょうか?
—————————————————————————————-
2011/5/25

東松島市が仮設住宅建設地に設置を検討している仮設店舗の出店者募集説明会が24日、市商工会鳴瀬支所で開かれた。買い物が不便な仮設住宅入居者への対応と、津波で店舗を失った事業者の再建を目的にした試み。約30人が出席し出店に関心を寄せたが、採算を合わせて事業を継続していくための努力が求められそうだ。
中小企業基盤整備機構(中小機構)が市で確保した土地に仮設店舗を整備し、市を通じて事業者に貸し出す事業を活用。市は300戸以上の仮設住宅が建設されるグリーンタウンやもと=大塩=、ひびき工業団地=川下=、矢本運動公園=大曲=に置く考えだ。
市や中小機構の説明によると、店舗は1棟あたり約50平方メートル。水道光熱費は自己負担となるが、賃借料は無料とし、冷蔵設備は購入・リース補助となる見通し。商工会が会員限定で26日まで出店者を募集。生鮮食品など生活用品の販売を中心にし、申し込み多数の場合は調整する。共同店舗もありうる。7月以降、仮設住宅に住民が入居している間(原則2年)出店してもらう。
説明会で市は、入居者の需要に合う営業時間の設定や、仮事務所としての入店はできない旨を説明。移動販売も認めた。「採算に合わなかった場合は撤退できるのか」との質問には、「最低1年間は出店してほしい。事業者にアイデアを出してもらい、実現できるよう協力する」とした。
————————————————————

くまじろー@東京 2011年7月3日日曜日 19:55:40

みなさん、こんばんわ。お疲れ様です。

尾形さんが指摘している「買い物弱者」の問題、大きくわけると2つの問題
すなわち「交通弱者」の問題と被災商店支援・再開の問題に集約されるか
と思います。

後者については、MLのやりとりを拝見すると、それなりに前進しているみ
たいなので、前者について考えてみました。

交通弱者の問題とは、仮設住宅等で車以外の移動手段がない場所に住
む、車がない(あるいは運転免許を持たない)方の問題です。
このような交通弱者の方も、必要な時に必要な場所に移動する権利=交
通権を有しているハズです。
東松島市で実施されている循環バスやデマンドタクシーも役に立っている
とは思いますが、バスは運行頻度の点で、タクシーはキャパシティーの点
で改善の余地が大きいのではないでしょうか?

循環バスについては、バスもあり乗り場も決まっているようですから、後
は運転手さんの手当をした上でダイヤの改善をはかればいいのでは。

ダイヤ改善の第1ステップは、前にも書きましたが、
1. 午前第2便の終着を「ひびき」にする
2. 午後第1便の始発を「ひびき」にする
という事です。これは運転手さんの昼休憩施設を「ひびき」にもうければ
簡単に改善できそうなので、市の方へ要望してみてください。私のような
市民でない者が要望しても・・・なので、ひびきの仮設に入居してる方から
要望した方がいいと思います。

次のステップは土日運行でしょうか。いまのバスは42人乗りのバスなの
で、なかなか運転手さんの交代要員が手配つかないかもしれませんね。

コメントを書く







コメント内容


*

Copyright(c) 2011 SAVE東松島 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme