banner

MLログ:東松島市復興まちづくり構想図案

カテゴリ:未分類, 東松島まちづくり復興移転計画 / 投稿者:nacika
2011-06-28
2011年6月28日0:46 nacika@野蒜

7月1日号の市報ひがしまつしまhttp://www.city.higashimatsushima.miyagi.jp/cnt/koho/index.html
の9ページ目に、東松島市復興まちづくり構想図案が掲載されています。

詳しい図案は以下SAVE東松島に掲載致しました。
速報という形でお伝えしたため、詳細については不明なところが多いので、追加情報や修正ありましたらnacika.inscatolare@gmail.comまでお願い致します。
http://save-hm.org/?p=216

こういった復興移転情報も、今後のわたしたちの経済活動に大きく関わってくることだと思うので、メーリングリストでも意見を交換していただければ幸いです。

あつべい

初めまして。あつべいと申します。今、仙台に避難中のため、地元の細かい情報はとても助かります。この嘆願書や署名について地区住人に対して説明会などあったのでしょうか?よろしければ教えてください。

篠澤@ナザレン国際援助委員会

とりあえず、行政側・自宅避難者の聞き取りから聞いた事をお伝えします。

詳細は失念してしまいましたが、6月の段階で野蒜・東名の全行政区長の連名で
一体的な移転を求める旨の嘆願書が市政に提出されました。

これはそれを受けてのものだと思われますが、この7月より復旧対策室から復興対策室へと部署が移り・新設
されるとの事です。
そこで詳細が決められていくと思われます。

7月上旬に現在のJRの路線を使う旨・一体的な移転に反対する署名が提出されるとの事です。

あつべい

篠澤様
お返事ありがとうございます。25日に自宅に行きましたが電柱が立っていませんでした。せめて地区の指針を聞きたいと焦っておりました。なかなか難しい問題ですね。過去の震災を調べてみようかなと思います。
ご支援ありがとうございます。これからも何卒よろしくお願いいたします。

あつべい

くまじろー@東京

みなさま、おつかれさまです。

移転問題については、まず賛成、反対ともに集まって、移転のメリット
とデメリット、逆に残る場合のメリットやリスクについて十分に話し合い、
その上で地区としての意見形成をはかる事が大事だと思います。

HPの構造図案等を見ましたが、個人的には東名運河以北、すなわち
第3次防衛線となる嵩上げ道路より山側の地域については、移転する
必要はないと思います。移転させるならば、何のために第3次防衛線
まで作る必要があるのでしょうか?

またHPの航空写真と合成したものも見ましたが、大仏山をはじめとす
る野蒜・新東名の背後の丘陵・山を造成し移転する事は費用や地形・
地質の点から難しいでしょう。
仮に造成→移転を行ったとすると、重要な観光資源であり地区全体の
財産というべき景観が大きく損なわれます。また、大雨や震度5程度
の地震時には造成地特有の土砂災害が必ず生じます。

したがって、東名運河以南の地区について定林寺北側の農地を宅地
造成し移転、というのが現実的な移転計画と考えます。

また仙石線についても元の区間で早急に復旧させた上で、野蒜駅-
定林寺-大塚間のバスを頻繁に運転し移転地のみなさんの利便を図
る方が、沿線地域全体の利益を考えるとベターではないでしょうか?

コメントを書く







コメント内容


*

Copyright(c) 2011 SAVE東松島 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme